制作日記

こういうの作った方が、逃げにくいじゃない

卒論

ふと、思い出したけど

卒論発表で、
研究室内でこういうプログラム作ってます!
その中でもこの機能について、2000行書きました!
ってのがいた

1年でたった2000行!?
というか、それは卒研なの!?

複数人での合同作業だから、それに関わってる全員が同じような内容

発表で使ったパワポじゃなくて、実際に提出した卒論がどんなのだったのか見てみたいわ

ちなみに、手元にあるmemReadで1000ステップぐらい、行数は1530
公開してる奴は200前後少ないと思う
丁寧且つ真面目に書いたら、2000行なんて軽く超える
javaで書いても、行数は大して変わらんと思う

たった2000行とは、なんて楽な卒研なんだろうか

もしかしたら、その他諸々の作業があったのかもしれんけど、
卒論発表聞く限り、外部仕様も内部仕様もある程度決まってる状態で、
コーディングしただけって印象だったのよね
その他については、一切触れなかったし……

実装した機能も大したことない
なんか凄いアルゴリズムを実装したとかじゃないからね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:drab
霊夢改変キャラ
「12 3 ! {V} [_]」
公開中
L霊夢でもl_reimuでも好きなように読んでください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク