制作日記

こういうの作った方が、逃げにくいじゃない

呼ばれた気がした

カウンター自体は、やろうと思えばできるんじゃねーの

ただ完璧は不可能だから、いたちごっこになる
最終更新が一番強いとかいう糞みたいな状況になるだけだぞ


メモリの特定箇所を直接書き換える奴は、そこのwrite捕まえれば行ける
どれだけ動作が重くなるかは知らんが、デバッガ作れば良い

destroyselfで自分以外を消す奴は、destroyselfのコードにチェックを追加すれば良いんじゃね

そういう対策方法の話でなくて、ステート処理だけでの検知方法?
それも、どこまで妥協するか次第でしょ

常時監視で検知する?
復帰前に常時環視だけ潰されたら終わり
L霊夢の0.7xあたりで全ステート-4以下に書き換えるとかした覚えがあるけど
そういうことされたら終わり

攻撃方法を、似たような別の物に差し替えられたりしてもアウト
上記のステート番号書き換えとか、selfstateの処理を潰すとか、アドレス取得の処理を書き換えるとか

逆にコード実行系自体が気に入らないからmugen落としたいってのは簡単かな
SetProcessDEPPolicyを叩けばプロセス単位でDEP有効化できる

それも、L霊夢1.91みたいにDEP回避すれば良いんだけどね?
多分あれに復旧処理追加して搭載するような人いないから大丈夫

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:drab
霊夢改変キャラ
「12 3 ! {V} [_]」
公開中
L霊夢でもl_reimuでも好きなように読んでください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク