制作日記

こういうの作った方が、逃げにくいじゃない

親捏造の組み込み

一応、null部分は終了
初っ端の子ヘルパーのnullってるとこさえ終われば後は変数やり取りするだけだし楽

成功確率が5割弱あるおかげで、試行回数増やす必要ないのは楽でいい
混線との兼ね合いで13個までなら楽だけど、倍にしようと思ったら少し面倒だし
2P側は5個ぐらいしか試せないだろうし、たまーに失敗するかも

とりあえずこいつさえ完成すれば、本体は%nでかなり自由に弄れる
%n使わないようにしても2-3個用意すれば問題ない

%n使うにしてもsysvar弄りも考慮しないとか
本体は一応気にするけどヘルパーは別にいいかな
sysvarなくてもelem変数でどうにかなるけど、elemを増やし過ぎると重いからねー
elemが1byte、親捏造ヘルパーが1個とすると、ヘルパー31個と本体で4byte変数8個
素直にsysvar使う方が良いな

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:drab
霊夢改変キャラ
「12 3 ! {V} [_]」
公開中
L霊夢でもl_reimuでも好きなように読んでください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク