制作日記

こういうの作った方が、逃げにくいじゃない

stateControl.jsのもっとい良い感じな実装方法を考えてみる

候補の単語はこれ以上増えないから、可搬性とか保守性とか拡張性は無視できる
それに実行速度は現状でも十分すぎるぐらいだから、一応今の実装でも問題ない

でも、処理があまりにも具体的すぎて……

ということで、抽象度の上げ方を考える

出力するテキストはコードにべた書きじゃなくて、どっかでテーブルでも用意したほうが良いね
後々、新しいステコンとかパラメータを追加修正するときに、そこのテーブル弄るだけで済むようにすべき
処理追加とか単語追加とかで、何か所も弄る必要がある実装は避けるべき
javascriptはハッシュがデフォで使えるみたいなので、
テーブルはステコン名をキーにしてパラメータぶち込めば良さそう
テキスト出力する関数にはキーを渡せば良いね

これでデータ構造はおk

あとは、文字列の判別方法
ぱっと思いつくのは、ステコン名と対象文字列の差を取って、もっとも差が0に近いのを渡す
ただし、単純に辞書引くみたいにすると、1文字目で誤字ってる場合は絶対に違うのを出力してしまう

となると、1文字ごとに比較して、一番正誤率の高いテコンを選ぶとか?
でも、それだと一文字多く(少なく)打ってしまった場合に困る……

どっちか諦めた方が良いかも?
下手に両方どうにかしようとしたら、まともに動かなくなりそうな……

難しいなー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:drab
霊夢改変キャラ
「12 3 ! {V} [_]」
公開中
L霊夢でもl_reimuでも好きなように読んでください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク